脂肪溶解注射の効果ランキング!口コミ人気はどれ?

トップページ > ハワイ旅行での入国条件について

ハワイ旅行での入国条件について

ハワイ旅行のさいに気になる点といえば入国する条件ですよね。折角、ハワイまで行ったのに入国できなくてとんぼ返りみたいなことはしたくありません。そのためにハワイ旅行では入国条件をみたす必要があります。まず、旅行前には電子渡航認証システム、ESTAに申請を行う必要があります。そして、旅行許可を得てはじめて旅行できるのです。

 

申請はESTAのウェブサイトがありますので、そこで受付をしています。申請料金として14ドルを支払わないといけません。国内でできるのはここまでです。次に、ハワイに到着すると入国審査にパスしないといけません。とはいえそこまで厳しいモノではありませんので、そこまで心配する必要はありません。入国審査ではパスポートや航空券、税関申告書を提出します。

 

そのときに入国審査官に何か質問される場合もありますので、旅行の目的などを伝えるといいでしょう。ビザなしで入国する場合は条件をクリアしないといけないようになっています。具体的な条件をあげていきましょうか。

 

Eパスポート(IC旅券)を所持していること、電子渡航認証システム(ESTA)によって渡航認証が許可されていること、有効なビザ免除プログラムパスポートの条件に準じたパスポートを所持していること、短期間の観光や商用が戸倍の目的になっていること、米国での滞在が90日以下であること、パスポートの残存有効期限が米国への入国日から90日以上あること、往復もしくは次の目的地までの航空券か乗船券を持っていること、その他ビザ免除プログラムの条件を満たしていることなどがその条件としてあげることができます。

 

また、未検査の動植物の持ち出しについては米国農務省において、厳しい規制が設けられているので注意が必要です。そのためにハワイに到着したときには、申告書などの提出が必須となっているのです。帰国をするときには、荷物に未検査の果物や植物が入っていないかをチェックが行われます。

 

ですので搭乗検査を受ける必要があります。ちなみに空港で購入した商品や現地のショップから郵送した商品の検査に関しては、自動的に実施されることになっています。

 

こうして文章にしてしまうと、堅苦しくて難しいことにようですが、実際にはほとんどが一言二言で終わってしまいます。それは先人の日本人が築きあげてきた国際的な信用によるものです。ですので、こうした信用を落とさないためにも迷惑のかからないようにしたいものですね。