30代後半の転職で求められるもの

トップページ > 30代後半の転職で求められるもの

30代後半の転職で求められるもの

30代後半の転職は、それ以下の年齢とは様子が異なり、求人数が大きく減る傾向にあります。特に、不景気が長引く現状においては、非常に狭き門となっており、即戦力としての能力もそれなりに高いレベルが要求されるようになります。中小企業や小規模な組織では、マネジメント能力もそれなりに求められる可能性が高くなって行きます。

 

中高年の転職者に比べればたいしたことはないかもしれませんが、30代前半以下に比べると、実務経験、仕事上の生きた知識、チームマネジメントなどの能力を問われ始める年代にはいる30代後半は、年齢だけでも転職にとっては狭き門と言えます。

 

もちろん、30代後半とは言え、部長や課長などの管理職のような組織全体をマネジメントするポジションへの求人は少ないでしょうから、マネジメント能力に関しては後輩の指導経験や小規模なチームでのリーダーシップなどの経験が重要視されるのではないかと思いますので、マネジメント経験が求められるからといってそれほど悲観的になる必要はないと考えます。

 

現実的に30代後半から転職が厳しくなることは事実ですが、自分の今までの経験、培った能力をしっかりと把握し、自分の目標をハッキリと持っているのであれば、転職に対して強い意志や覚悟もあると思いますので、前向きに転職にチャレンジできると思います。